環状切開術のメリット、デメリット

環状切開術のメリットデメリットについてご説明します。

環状切開術とは、包茎手術の中で最も多くおこなわれている方法です。
亀頭を覆う皮を環状に切除、つまり輪切りにすることで、包茎の状態を改善させる手術です。

これにより亀頭が覆われることがなくなり、皮の内部には雑菌がたまりにくくなります。
不衛生な状態になりにくいため、感染症になるリスクも下がります。
たるんだ皮がなくなることで、性的感度が上昇するというメリットもあります。
また、比較的簡単な手術なので安全性が高く、局部麻酔で20分程度で終了するという点もメリットです。

デメリットは、手術痕が目立つという点です。
切除するのは、先端の皮ではなく中腹の皮です。
そこを輪切りにするため、ペニスの表側からも裏側からも、切除した痕が見えるようになります。

また、切除した後は先端の皮と縫い合わせるので、その色の違いも目立ちます。
先端の皮は黒ずんでいる場合が多く、それに対して根元の皮は肌色だからです。
皮の途中でいきなり色が変化するという状態になってしまうのです。

しかし手術痕は徐々に消えていきますし、色の違いも落ち着いていきます。
環状切開術のメリットは一生続きますが、デメリットは一時的なものでしかないのです。